1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【東京中央日本語学院】プレスリリース:外国人材の定着・活躍に向けたコンサルティング機関を設立

NEWS

お知らせ

【東京中央日本語学院】プレスリリース:外国人材の定着・活躍に向けたコンサルティング機関を設立

語学教育事業を展開するパスメイクグループの日本語教育専門機関、東京中央日本語学院(本校舎:東京都新宿区)は、企業や行政などに、外国人材の定着・活躍に向けたコンサルティングを行う専門機関「TCJ日本語総合研究所」を設立したと発表しました。
TCJ日本語総合研究所は、日本語学校の東京中央日本語学院が30年以上築いてきた人材育成のノウハウを活かし、どのように外国人材に日本語学習の機会を提供するか、どう語学力を向上させるかといったソリューションを提供します。語学は多文化共生社会の中核を担うと考え、実行力のある仕組み化した手法をワンストップで提案します。

■多文化共生社会の実現を目指しTCJ日本語総合研究所を設立
あらゆる地域社会で多文化共生社会の実現に対して関心が高まっており、企業においても外国人材との協働に向けた取り組みが進んでいます。しかし、その取り組みの多くは、受け入れ側の目線に立ったものが多く、双方のニーズを満たすソリューションとはなっていないのが現状です。
TCJ日本語総合研究所の考える多文化共生社会とは、外国人材が個々の持てる力を最大限に発揮をすることで、企業や日本社会の発展に寄与できる社会です。
TCJ日本語総合研究所は、高い教育品質とデジタル教育に強みがある総合型日本語教育機関である東京中央日本語学院を母体としています。これまで30年以上にわたって培ってきた人材育成のノウハウを活かし、日本で生活する外国人材が抱える課題を解決していきます。同時に、企業や社会などの問題解決を行うために、実行性のある仕組み化されたソリューションを提供していきます。

■外国人材の定着・活躍を支援するワンストップソリューションを提供
外国人材が安定的な生活基盤と経済基盤を築き、自らのキャリアビジョンを実現できる社会を目指し、ボーダーレス、かつ複雑性の高い日本語教育の課題に対して、ワンストップソリューションを提供していきます。


【主な活動内容】
・日本語教育を軸とした外国人材の定着・活躍支援を目的としたセミナー・研修
・BPO・業務受託
・外国人向け日本語講座・レッスンの提供
・日本語教師養成のプログラムやノウハウの提供
・企業/教育機関/公的機関に向けた日本語教育サポートの体制構築コンサルティング
・新たな日本語教育メソッドの開発・運用・普及

■主任研究員徳田淳子よりコメント

主任研究員徳田淳子


TCJ日本語総合研究所は、外国人材の定着と活躍に関する課題に対して、日本語教育を通して仕組化された解決策を提供していく専門機関です。「育成」の場である日本語教師養成講座と、「実践」の場である外国人向け日本語講座との双方向性での連携を活かし、多文化共生に向けた社会課題の解決に貢献していきます。

■東京中央日本語学院について
東京中央日本語学院(TCJ)は1988年から東京新宿区を拠点に、外国人向けの日本語教育、日本語教師の養成を行っています。

留学生の受け入れ定員数1,080名(法務省告示校)、総合日本語コース(在日外国人、海外在住者、企業向け研修)は、55の国籍の受講生を抱える国内最大級の外国人向け日本語講座です。また、外国人向け日本語教育にとどまらず、年間300名の修了生を輩出する国内トップクラスの教師養成講座も運営しています。
2021年10月には、日本語教育機関を母体とし、実行性のあるソリューションを提供する、日本語総合研究所を設立しました。

会社名:株式会社東京中央日本語学院
代表取締役:三輪豊明
設立:1988年
所在地:東京都新宿区信濃町34 トーシン信濃町駅前ビル4・5・6F
事業内容:
外国人留学生向け進学・就職日本語コースの運営、総合日本語コースの運営(在日外国人、海外在住者、企業向け研修)、日本語教師養成事業、行政・教育機関・企業向けの日本語教育コンサルティング
URL:https://tcj-education.com/ja/

 

最新記事

当社はクッキーを使ってサービスを提供しています。当社のウェブサイトにアクセスすることにより、クッキーポリシー に記載されているクッキーの使用に同意するものとします。

Don`t copy text!