1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【アビタス】CIA財務会計入門をリニューアル

NEWS

お知らせ

【アビタス】CIA財務会計入門をリニューアル

国際資格の専門校アビタス(本社東京都渋谷区、代表三輪豊明)は7月1日、CIA(公認内部監査人)資格講座の入門コースであるCIA財務会計入門をリニューアルしました。
内部監査の前提となる会計の知識に不安を抱く方向けのオプションコースで、eラーニング8時間に財務諸表分析の基礎などを凝縮しています。
2020年7月31日までに申し込むと、通常の33%引となる22,000円(消費税10%込)で受講できます。本コースとなるアビタスCIAプログラムとのセット割引もあります。詳しくは無料の説明会で紹介しています。来校またはオンライン説明会それぞれ、参加特典もあります。

「基礎の基礎」を理解

リニューアルしたのは「CIA財務会計入門eラーニング通信コース」で、アビタスCIA資格講座のオプションコースです。eラーニング8時間で完結します。
8時間に会計の要点を凝縮し、内部監査に求められる会計知識を基礎レベルから習得できます。
会計初学者でも無理なく理解できるよう、アビタスの人気講師が丁寧に解説しています。

今回のリニューアルで、CIA資格試験や実務との関連性も強めました。本試験レベルの学習論点に関連した例題も追加し、CIA資格試験で求められる会計知識の基礎固めになります。また、実務での対応が急務となっている不適切会計についての解説も新たに追加しました。

通常の受講料は33,000円のところ、リニューアル記念として7月31日申し込み分まで22,000円の特別価格で提供いたします。本コースとなるCIAプログラムとのセット割引もあります。詳しくは資料または説明会で。https://www.abitus.co.jp/cia/

CIA財務会計入門eラーニング通信コースの特徴
1 会計初学者に最適 今さら聞けない基礎知識から 
2 eラーニング8時間に会計の要点を凝縮
3 CIA資格試験で求められる会計知識の基礎固めに

合格者2,700人超えのクオリティ

CIA資格は、米国に本部を置くIIA(内部監査協会)が認定する国際資格です。本コースであるアビタスのCIAプログラムは、2005年11月に開講し、合格者は2020年5月末時点で2,753人に達しています。コーポレートガバナンスや、不正防止に対する国際標準の体系的知識を身に付けることができます。不正会計や品質偽装などの事例が相次いだことで、内部監査に対する意識が一層高まっており、CIA資格取得の意義も増しています。

2019年10月の新試験にもちろん対応

CIA試験は2019年10月、出題範囲が改訂されました。背景にはグローバル化とITの進展があります。国際的実務に対応できる内部監査人を育成するため、IIAは、出題範囲を記した「シラバス」を改訂し、国際的なリスクマネジメントやシステム監査についての出題をより意識しています。
アビタスは業界最速で新試験に対応した教材をリリースしました。世界の内部監査の専門家が指針とする最新フレームワークに完全準拠しており、視覚的な解説も大幅に充実させました。新教材によって受験者が効率よく試験対策できるようにするとともに、内部監査の品質向上が相次ぐ企業不正の防止につながるよう期待を込めています。

最新記事

Don`t copy text!